スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

Bスポシリーズ第1弾 【徳島 地獄めぐり】後編

【解説】
Bスポシリーズとは、秘密結社「Bスポ調査師団」が全国各地に点在する「B級スポット」を極秘裏に調査するという、何の参考にもならないアホなシリーズである。

-------------------

Bスポシリーズ第1弾 【徳島 地獄めぐり】前編

Bスポシリーズ第1弾 【徳島 地獄めぐり】中編

-------------------

P1010195_20111014000537.jpg

EMI嬢 「どうやらこの先らしいわね。さっきから嫌なプレッシャーを感じるわ。」

ジョニー 「ついに地獄のお出ましか。チッ、足の震えが止まらねぇ…。」

P1010198_20111014000450.jpg

TA-LOW 「なんてオドロオドロしいフォントで書いてやがるんだ。」

ジョニー 「この歳で「あなたの知らない世界」をフラッシュバックさせられるとは夢にも思わなかったぜ。」

P1010197_20111014000515.jpg

チヨ 「ラララー♪」

P1010207_20111014000538.jpg

TA-LOW 「さて、もう後戻りはできねぇ。徳島の地獄とやらを拝んでやるか。」

EMI嬢 「きゃああああああ!!!!」

P1010214_20111014000428.jpg

P1010229_20111014000536.jpg

ジョニー 「大丈夫か!?クソッ!!しょっぱなから地獄釜とは趣味が悪すぎるぜ!!」

EMI嬢 「だ、大丈夫よ、しかしなんて精巧なマネキンなの!これじゃ日本マネキンディスプレイ商工組合も黙っていないわね。」

P1010211_20111014000451.jpg

TA-LOW 「どうやら俺たちを休ませる気はなさそうだな…。」

ジョニー 「わ、我が子を殺した罪か。…冷静に考えてみると、こんな罪じゃ軽いのかもな。」

チヨ 「ポッ」

EMI嬢 「ちょ、う、後ろっ!!」

P1010235_20111014000427.jpg

ジョニー 「うわあああああ!!なんでもかんでもマネキン使ってんじゃねー!!トラウマになるだろうが!!」

TA-LOW 「しかも真ん中にはわけのわからない生き物がいやがる!!」

EMI嬢 「精巧なマネキンの中に手作りの鬼の頭!なんなのこのB級加減は!!」

P1010223_20111014000425.jpg

P1010224_20111014000402.jpg

チヨ 「人をたぶらかすとこうなるのね。」

ジョニー 「…よくわからんがとりあえず酷いな。」

P1010225_20111014000402.jpg

ジョニー 「乱用の罪…一物重く足こそ立たず…。とりあえず乱用はダメということか。」

P1010217_20111014000403.jpg

EMI嬢 「な、何なの!?この急激なクオリティの低下は!!鬼の食卓!?」

P1010219_20111014000513.jpg

EMI嬢 「わざと怖がらせるような品書きだけど、想像すると純粋に吐きそうだわ…。」

P1010221_20111014000449.jpg

ジョニー 「…TA-LOW、チヨ、そろそろ行くぞ。」

TA-LOW 「す、すまねぇ。」

P1010203_20111014000401.jpg

EMI嬢 「…。そろそろ出ようか。」

Bスポ犬 BAM 「ワンワンワンワン!!」

ジョニー 「ど、どうしたBAM!?…何!?ここには天国もあるだと!?」

TA-LOW 「そ、そういえば地獄の入口の向こう側に…みんな、こっちだっ!!!!」

P1010239_20111014000428.jpg

TA-LOW 「ハァハァ…あ、あった!!なんかムードのかけらもねぇな…。」

EMI嬢 「天然冷房…。」

ジョニー 「…ん?チヨ、何を見てるんだ?」

P1010242_20111014000403.jpg

チヨ 「みんな18歳以上だから大丈夫ね。」

TA-LOW 「いや、なんか違う気がする。」

P1010251_20111014000538.jpg

TA-LOW 「こ、この覗き窓は!?」

ジョニー 「クソッ。嫌な予感が的中しやがった。入り口のメルヘンな雰囲気に騙され、実はとんでもねー所に足を踏み入れちまったのかもしれねぇ…。」

TA-LOW 「そうか!思い出したぜ!この覗き窓はアルカトラズ島で1963年まで運営されていた連邦刑務所、通称「ザ・ロック」の覗き窓に酷似してやがる!」

EMI嬢 「いや、そんな生ぬるいものじゃないわ。これは1610年にスペインのバスク地方で行われた大規模な魔女狩りの…あ!チ、チヨ!」

チヨ 「どれどれ」

P1010255_20111014000539.jpg

ジョニー 「!?」

P1010245_20111014000516.jpg

TA-LOW 「!?」

P1010247_20111014000449.jpg

EMI嬢 「なにしてんねん。」

P1010244_20111014000515.jpg

ジョニー 「…えぇー。」

P1010250_20111014000404.jpg

TA-LOW 「…しかも何か汚っ…。」

EMI嬢 「天国というか、これはただの秘宝館じゃ…」

ジョニー 「まー待て。…結論を急ぐわけじゃねーが、ここはBスポ史上かなりハイレベルなスポットたぜ。俺が思うに、BスポSクラスは固いな。」

TA-LOW 「ああ、異論はねぇ。」

Bスポ犬 BAM 「ワンワンワンワン!!」

EMI嬢 「え!?新たなB級スポットを見つけた!?」

Bスポ犬 BAM 「ワンワンワン!!」

EMI嬢 「JR今市駅下車、車10分?」

TA-LOW 「チッ、栃木県のウエスタン村か。ったく、レベルの高いスポットばかり回ってきやがる。」

ジョニー 「そう気を悪くすんな。とりあえず、俺たちは俺たちの仕事をやるだけさ。」

EMI嬢 「そうね。行きましょ。」

Bスポ犬 BAM 「ワン!!(最後までチヨのキャラがよくわからなかったぜ)」

チヨ 「ラララー」


秘密結社「Bスポ調査師団」の戦いに終焉の文字はない。

P1010271_20111014000537.jpg


続く

スポンサーサイト

| Bスポ | 00:10 │Comments5 | Trackbacks0編集

Bスポシリーズ第1弾 【徳島 地獄めぐり】中編

【解説】
Bスポシリーズとは、秘密結社「Bスポ調査師団」が全国各地に点在する「B級スポット」を極秘裏に調査するという、何の参考にもならないアホなシリーズである。

-------------------

前編からの続き


Bスポ犬、BAMのナビゲートのもと、車モービルでひた走ること3時間。

目的地である「徳島の地獄」に徐々に近づくにつれ、団員達の緊張もピークに達していた。

チヨ 「懐かしいにおいがした~ すみれの花時計~ 恋愛中ってもっと楽しいと思ってた~」

TA-LOW 「チヨ、目的地はもうそこだ。そろそろ大黒摩季を熱唱するのはよしてくれ。」

P1010177.jpg

ジョニー 「…どうやらここが「徳島の地獄」と呼ばれるスポットらしいな。ひとまず車モービルを駐車するか。」

EMI嬢 「ん~なんかまだ地獄って感じわしないわね。TA-LOW、ガセネタだったらわかってるでしょうね。」

TA-LOW 「俺たちは既にスポットのテリトリーに入ってるんだ。油断するんじゃねぇ。」

P1010179_20110901021139.jpg

TA-LOW 「チッ!早くもまるで風景に溶け込んでないナンセンスな建物のお出ましか!」

ジョニー 「ヤバイな、奥の石像のようなものも見てみろ、こいつぁーただのスポットじゃねー。」

P1010256.jpg

EMI嬢 「クッ!油断したわ!この石像、ただの石像じゃない…!!」

P1010181.jpg

EMI嬢 「神々しい狛犬の石像に紛れて、まさかのドナルド・ダック!!著作権は大丈夫なのかしら!?」

TA-LOW 「クソッ!だから油断すんじゃねーって言っただろうが!!」

チヨ 「ファンタが飲みたいわ。」

TA-LOW 「お、おい!チヨ!そっちは…!」

P1010184.jpg

P1010185.jpg

チヨ 「やっぱり一番右の謎のビンの飲み物にしようしら。チャリンチャリン」

TA-LOW 「バカヤロウ!!やめろ!!よく見みるんだ、そいつは昭和58年から稼働していない!!」

ジョニー 「こんなノスタルジックな代物が転がってるとはな…。危うく俺もジョージアを買っちまうところだったぜ。」

P1010186.jpg

EMI嬢 「ちょっと待って、何この匂い。まるで土佐犬のア○ルの中に入ったような匂いがするわ。」

ジョニー 「…土佐犬のア○ルに入ったことがないからわからないが、どことなく獣臭いな…。」

TA-LOW 「違う!!これは土佐犬のア○ルの匂いなんかじゃない!!これは、」

チヨ 「さーさーご飯の時間ですよー。」

P1010192.jpg

TA-LOW 「日本猿の匂いだ!!チヨ!!近づくんじゃねー!!お前にはこの注意書きが見えねーのか!!」

P1010190.jpg

P1010191.jpg

EMI嬢 「ハアハア、この注意書きがなかったら大変なことになってたわ…。」

ジョニー 「しかもこれを書いたヤツはかなりの手練だぜ。雨に濡れても消えないよう、油性で書いてやがる。恐らく使用したペンはマッキーってところだろう。」

TA-LOW 「最後の「あ」が気になるが、深追いはタブーだ、先を急ごう。」

P1010195_20110901021208.jpg

TA-LOW 「情報ではここが地獄の入り口らしい。さっきまでのはただのお遊びだったってことか。こいつは大変なヤマに手を出しちまったぜ。」

チヨ 「けぶる~木漏れ日浴びふと気付く~ 春風の音思い出す~ 」

EMI嬢 「ヒスブルね。」

ジョニー 「ああ、ヒスブルだ。」

BAM 「ワンワンワン(先が思いやられるぜ)」



後編へつづく

| Bスポ | 22:42 │Comments2 | Trackbacks0編集

Bスポシリーズ第1弾 【徳島 地獄めぐり】前編

【解説】
Bスポシリーズとは、秘密結社「Bスポ調査師団」が全国各地に点在する「B級スポット」を極秘裏に調査するという、何の参考にもならないアホなシリーズである。

今回はその第一弾として、以前に別のメディアで紹介したこともある、「徳島 地獄めぐり」をフューチャーしよう。

------------

ことの発端は、Bスポ調査師団高知支部支所長のTA-LOWが長年追い続けていた案件で、2008年に「徳島に地獄がある」という公衆電話からのタレコミから始まった。

TA-LOWからの連絡を受け、我々は高知県にあるBスポ調査師団高知支部へと足を走らせた。

P1010096_20110901233942.jpg

Bスポ調査師団高知支部 北北東に位置する山側より撮影(南西の風やや強い) 

P1010087.jpg

TA-LOW「遅かったな。今回のBスポは結構なヤマだ。派遣されたのはジョニーとチヨの二人だけだと?本部にもナメられたもんだぜ。」

ジョニー「フッ、俺らのBスポ魂を甘く見られちゃあ困るな。それはそうと、福支部長のEMI嬢はどこだ?もしかしてデカいヤマだと聞いてビビッてんじゃねーだろうな。」

TA-LOW「ビビる?笑わせてくれるぜ。あいつなら丁度近くの河原で「Bスポ犬」のBAMを特訓しているところさ。」
※Bスポ犬…人間の何倍もの優れた嗅覚で的確にB級スポットを探し当てる伝説の犬

ジョニー「ほほぅ。Bスポ犬の育成も去る事ながら、Bスポにかける情熱も変わってねぇーってことか。ったく頭が上がんねーぜ。せっかくだ、様子でも見に行くか。」

チヨ「でかいエビ食べに行こうよ。」

P1010119.jpg

EMI嬢「久しぶりね。怖気づいてママのおっぱいでも吸ってるかと思ったら、ちゃんと来たじゃないの。」

ジョニー「けっ、減らず口は変わらねーな。ところでBAMの特訓は終わったのか?」

EMI嬢「特訓はもうすぐ終わるわ。ちょっと待ってなさい。」

P1010131.jpg

ジョニー「何!?こ、これはBAMを水に入れたり出したりすることで、どんな過酷な状況下でもB級スポットを発見できるようにする為の知られざる特訓、「毘沙門」か!!」

BAM「ぶくぶくぶく」

チヨ「っていうかチャプチャプしてるだけじゃん。」

TA-LOW「さーお遊びは終わりだ。時間がねー、早速向かうぜ。」

sfsふぁsd

TA-LOW「目的地はここだ。住所は徳島県三好市西祖谷山村閑定。読み方はわからんが、ここには確かに地獄があるとの情報だ。」

ジョニー「フッ。確かになんて書いてあるかわからねーな。読み方がわからねーから検索もできねー。こりゃお手上げだぜ。」

EMI嬢「あなた本当にバカね。私のBスポ犬「BAM」の存在を忘れたの?」

ジョニー「まさか…。」

Bスポ犬「ワンワンワン!(住所だって?俺の嗅覚の有効範囲は半径9608.21キロ。ここからフランスまでなら住所なんていらねーよ。)」

チヨ「レンコンって木になるのかと思ってたわ。」

TA-LOW「EMI嬢!BAMのナビゲートで目的地へ向かう!全員車モービルへ乗り込め!」

P1010076.jpg

こうしてBスポ調査師団は一路、「徳島にある地獄」へと向かったのであった。


つづく


| Bスポ | 02:18 │Comments6 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
ジョニーです。
宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。