スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

田中観光 湯けむり鬼怒川わくわくツアー 2012 Vol1

2/24 H.I.Sの競合会社ともいわれる「田中観光」が企画する「湯けむり鬼怒川わくわくツアー」に参加してきた。

箱根や熱海に並ぶ「東京の奥座敷」として名高い鬼怒川温泉。

地中から湧き出す湯マニアの私だが、不覚にもまだ足を踏み入れたことがなく、ツアー当日まで「きどがわ」と読んでいたことは伏せておこう。

RIMG1309_20120229230318.jpg

浅草駅より特急スペーシアへ乗車し、一路鬼怒川駅へ。写真は田中観光代表のさとる氏。

RIMG1312_20120229230318.jpg

さとる氏自作の旅のしおりがメンバーに配られ、既に最高潮に達しているテンションを更に加速させる。

勿論、ツアー内容を目の当たりにしたメンバーに失○者が続出したのはいうまでもない。

RIMG1327.jpg

失○の原因はビールの飲み過ぎという説が濃厚になる中、いつの間にか辺りは一面銀世界に。

RIMG1322.jpg

空から落ちてきた水の結晶、または天然に産出する無機質の結晶構造を持つ物質マニアの私は、既に正気を保つ自信を喪失していた。

RIMG1343_20120229230301.jpg

浅草駅より約二時間、念願の鬼怒川駅へ到着。

RIMG1339.jpg

RIMG1349_20120229230302.jpg

自宅裏の洞窟に鎖で繋がれていた男よりカンフーの奥義を伝授してもらったというオッカム氏。

DSCF2707.jpg

駅前の足湯。極寒の中、この足湯ほど癒されるものはないだろう。

そして両手に花を抱えるスネーク。彼にはなんでやねんという言葉贈るとしよう。

RIMG1348_20120229230302.jpg

カピバラ選手権ダブルス2位の実績をもつ二人。いい表情だ。

RIMG1355.jpg

駅からバスで鬼怒川プラザホテルへ。想像を絶する大きさに圧巻。顧客満足度の高さは無論。

写真中央のGANTZより「昼食を食べに行ってくだちい」という司令を受け、駅前まで足を運ぶことに。

RIMG1358_20120229230226.jpg

RIMG1360_20120229230226.jpg

なんていい仕事をするんだろう。生粋のエンターティナーオッカム氏に妥協の文字はない。

RIMG1363_20120229230227.jpg

駅前のラーメン屋で昼食をとることに。

餃子が旨すぎて無口になったのは何年ぶりだろう。

RIMG1365_20120229230227.jpg

こちらは鹿肉の刺身。

バンビ刺しや!バンビ刺し!と連呼していると「可哀想だからやめな。」と注意を受け、死んで詫びたい衝動に駆られる。

RIMG1373.jpg

昼食をとり、ホテルでワンクッション。

なんと夕方からは貸切り可能な「あけびの湯」へ出陣するとのこと。

5988d506ec7077c00a67d4bf0a81a176_20120301004739.jpg

あけびの湯。さすが田中観光としかいいようがない。プランニングが素晴らしすぎる。

RIMG1398.jpg

ホテルよりタクシーで10分。あけびの湯に到着。うっすら雪化粧された風情あふれる景色と、上品にライトアップされたプライベートな露天風呂。

ブルジョア検定準1級のえく嬢も納得の笑顔。

RIMG1406.jpg

さとる氏と船堀のアラン・ドロンことゴチョウさんも満足の様子。

RIMG1414.jpg

安政元年に毛野川(現鬼怒川)に姿を表して以来、一度も見た者がいないといわれる座敷わらしにも遭遇。

RIMG1411_20120229230145.jpg

貸切り可能なあけびの湯ならではの一枚。

ケイソウ、ミドリムシ、ボルボックスについて語っていたなんて誰が想像するだろう。

RIMG1415.jpg

フォトグラファーのスネークによる渾身の一枚。作品名は濡れチヨ。


後に控えるメインイベントの存在など知る由もなく、無邪気に温泉を堪能するメンバー達。

そう、田中観光の湯けむり鬼怒川わくわくツアーはまだ始まったばかりなのだ。


つづく

スポンサーサイト

| 旅行 | 02:15 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

ざ。。。座敷童っっ!!
遭遇した者には幸せが訪れると言われるアレですか!


ぜひミカヅキモの事も忘れないでいただきたい。

本間に楽しかったですね(´▽`)
色々ありがとうございました♪

2012.03.01(Thu) 04:09 | URL | ぇく|編集

あの状況で一人で帰るのキツイね・・・
もっとみんなとはしゃぎたかったわ~
おつかれさまでした

2012.03.02(Fri) 14:35 | URL | オッカム|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xjohnnyx.blog106.fc2.com/tb.php/284-58f18f24

| main |

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
ジョニーです。
宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。