スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

GANDHIS PV2

寒気厳しき折柄 慌ただしい師走が近づいて参りましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか。

私は、11/28(金)公開の映画「フューリー」のブラピカットにすべく、1000円カットに向かったのですが、想定通り北斗の拳の雑魚キャラカットになりました。

fury-poster1.jpg
理想

imgres.jpg
現実

さて、先日、GANDHIS創始者である「ちゃとる氏」に捧ぐ、GANDHIS PVの第二弾を公開しました。

DSC_1565.jpg

第一弾は2013年8月に公開したので、約1年3ヶ月ぶりになりますね。

ただ、動画を制作するにあたり、完全に私の偏見とイメージ(というか自分がやりたいだけ)で動画のスタイルを決めているので、ちゃとる氏の掲げるGANDHISのブランドイメージと相違が発生し、GANDHISアイテムを身につけている方々に対しても、相当なご迷惑をお掛けしている事が想像できます。ですので、この場を借りてお詫び申し上げます。大変申し訳御座いません。

ちなみに、第三弾は全裸にCHANEL No.5のみで撮影予定です(やめとけ)

第二弾の出演者ですが、今回は、比較的近所に住んでいて、かつ、言動、行動、スケートセンス共にリスペクトしている二名、MARU、MIDORI BWOYに出演して頂きました。(フレンド出演はD氏。ありがとうございます!)

DSC_1559.jpg
MARU

DSC_1397.jpg
MIDORI BWOY

DSC_1370.jpg
MIDORI BWOYの嫁と息子(いかん、流れで載せてしもた)

お二人には、貴重な休日を撮影に当てるだけではなく、冷たい海に入れたり、変な格好で観光名所を連れ回したりと、ほんまによく付き合ってくれました。ありがとうございます。
この二人のスケートスキル、ボキャブラリーとアイデアなくして完成はなかったでしょう。

また、MARUとMIDORI BWOYの奥様には、毎度毎度、休日の度に旦那をお借りしまして大変ご迷惑をお掛けしました。撮影も無事終わりましたので、二度とお声掛けすることはありません。ご安心下さい。

ここで忘れてはいけないのが、ハイエンドな撮影機材の提供と撮影を担当してくれた、ツボ氏、いや、オオツボンヌことスネーク(どんな名前やねん)にも本当にお世話になりました。とんでもない激務で疲労困憊の中、いつも予定を合わせてくれてありがとうございました。

DSC_1635.jpg
ツボ氏、いや、オオツボンヌことスネーク

そして、今回の動画を作るキッカケを頂いた愛すべきGANDHISの父「ちゃとる氏」にも感謝を忘れてはなりません。

DSC_3613.jpg
ちゃとる氏(どれやねん)

RIMG0449_20141126222739965.jpg
ちゃとる氏夫妻(ダサプロ2011)

最後になりましたが、GANDHIS PV2をアップしているスケート動画投稿サイト「LocalClips」にて、2014年のベスト・オブ・ローカルクリップを決めるべく、「LC AWARD 2014」が開催されています。

ff.png

GANDHISを世に知らしめる為にも「LC AWARD 2014」を獲得しない手はありません。投票が開始されるのは12/1以降となります。何卒、応援の程、宜しくお願い致します。

IMG_20140929_0001_NEW.jpg

| スケート | 23:03 │Comments2 | Trackbacks0編集

【GW2014】福岡〜高知トリップ 1日目

五月晴れの空に鯉のぼりが悠々と舞い踊るこの頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

楽しかったGWもヘネシー・ヴェノムGTばりのスピードで過ぎ去っていきましたね。

満員電車に揺られながら、休日だけはジャネーの法則を無効化できないものかと、日々、試行錯誤する毎日を送っております。


名称未設定


さて、今年のGWは、都内トップレベルのフットワークの軽快さを持つ、馬場の韋駄天ことおかちゃんと、7泊8日の福岡〜高知トリップに行ってきました。

IMG_8423.jpg

↑おかちゃん


どうして福岡?高知?

そう、高知県は私の地元で、福岡県は大学時代から7年程過ごした、思い出いっぱいの土地なのです。

IMG_20140521_0001_NEW.jpg

↑高知県 愛犬 ムーと楽しい散歩


IMG_20140521_0002_NEW.jpg

↑福岡県 人生二度目の成人式(太宰府市)に向かう二人


画像を貼ることで、大体どんな県なのかイメージが湧いたかと思います。

それでは、自由を謳歌しすぎて、ヘーゼルナッツテイストのペーストになるまでをご覧頂きましょう。


IMG_0002.jpg

当日の早朝、成田空港発のジェットスターで福岡へGO。

おかちゃん 「ジョニーくん!俺は静止していながらにして音速に達しているーッ!」

隣の人 「ううぅ…、早く福岡に着いてくれ…。」

IMG_0039.jpg

はい、というわけで、あっという間に福岡に到着。飛行機は速いね!

後ろの建物は、福岡県人の68人に2人は必ず訪れるといわれる、巨大ショッピングモール「キャナルシティ」

IMG_0041.jpg

本当にここには良く遊びに行きました。懐かしい。

数年ぶりの福岡。ここは歩いて都心を散策します。

IMG_0006.jpg

IMG_0011.jpg

IMG_0014.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0022.jpg

IMG_0022_2014052623515592a.jpg


じょに 「…おかちゃんさー、さっきからそのムカつくポーズと表情はなんなん?」

おかちゃん 「あ、これっすか?滝川クリステルのモノマネっすー!」

じょに 「なるほど。じゃあおみくじでも引こうか。」

IMG_0026.jpg

と言いつつも、僕は生まれてこの方、おみくじを引いたことがありません。

小学生の頃に新聞の占い欄を見て、「お前なんかに俺の1日の運勢を決められてたまるか!内容によっては朝からテンション下がるんじゃ!」と思ってから、占いやおみくじをずっと敬遠していたのです。

なので、今回も「大凶」なんて引いてしまった日にはせっかくのGWツアーが…



…台湾語だと?

どうやら引くしかないようだな。

IMG_0027.jpg

マルチナショナリズム感満載のおみくじマシンが醸し出す「引かなきゃ負け」的な空気に圧倒され、生涯初のおみくじを引くことに。(もちろん台湾語)

ドキドキ

IMG_0031.jpg

うわあああああああ!!大吉!!

他の項目も何だか良い事を書いてそう!よくわからんが台湾最高!

IMG_0030.jpg

これはおかちゃんの引いたくじ。日本語ではこんな風になってるんですね。

大凶とかじゃなくてほんと良かった。


ここで「NEVERまとめ」を自在に操るおかちゃんから、近くに美味しい焼きラーメン屋があるので行こうのとの提案が。

キミ、そこ絶対行く。

20120829224658775.jpg

ということで櫛田神社より徒歩2分の場所にある「KENZO Cafe」へ。

IMG_0034.jpg

目当ての焼きラーメン。

芳ばしいソースと豚骨出汁がしっかりと絡まっていて、なんとも味わい深く、茹で&焼き炒めの食感タイダルウェイブが箸を置くことを許しません。

これは本当に旨い。5皿はさらっといけますね。(お金があれば)

IMG_0046.jpg

食事の後は、九州のソウルアイス、竹下製菓のブラックモンブランで口内をフラットに。

IMG_0048.jpg

と、その矢先、福岡のラーメン店を代表する「一幸舎」を発見。

今では複数の店舗を展開しているようですが、ここは攻めるしかないでしょ。

ということで、人類で初めてラーメンにアルゼンチン・バックブリーカーを極めたと言われるおかちゃんが迷わずイン。

10分後

ガラガラ!

じょに 「どうやった?」

おかちゃん 「ばり旨かったとよ!」

…更に散策は続きます。

IMG_0053_201405202327029d0.jpg

おお!博多駅前では何故は複数体のドラえもんが所狭しと並んでいました。

じょに 「おかちゃん、記念に写真でも撮るかい?」

IMG_0050.jpg

おかちゃん 「どーも!滝川クリステルでーす!」

じょに 「了解、じゃあ次は福岡タワー行こか。」

IMG_0059.jpg

博多駅から地下鉄で西新駅まで移動し、サザエさん通りを通って福岡タワーへ向かいます。

IMG_0062.jpg

道中、西南学院大学の女生徒達が眩しすぎて気を失いそうになりつつ、何とか福岡タワー付近へ到着。

IMG_0064.jpg

あと少しで到着です。

福岡に7年住んでいながら、未だに登ったことはなく、密かに心が躍ります。

東京に住んでいる人が東京タワーに登らないのと同じ感覚ですね。

…おや?

IMG_0068.jpg

ここは突っ込んだら負けだと、心を鬼にしてさらに進みます。

IMG_0073.jpg

西新駅から歩くこと30分。ようやく福岡タワーに到着。

しかも頂上に登るまでのエレベーターには、息を飲む程に容姿端麗でハイスキルなエレベーターガールが同行してくれます。

もちろん写真を撮る余裕なんてありません。

福岡タワーの展望料は800円。安い、安すぎる。お姉さん、ありがとう。

IMG_0074.jpg

IMG_0078.jpg

IMG_0088.jpg

微塵も関係のないハンドサインは、初めて福岡タワーに登った歓喜の現れ。

ここで福岡タワーのうんちくを少し。

福岡タワーは、福岡市早良区のシーサイドももち地区のランドマークタワー(電波塔)で、高さは234m。
日本で1番高い海浜タワーでもある。
震度7の地震や風速63mに耐えられる設計で、外観は8000枚のハーフミラーで覆われている。
プロモーションとして「ミラーセイル(光りかがやく鏡の帆)」という別名を普及させたかったようだが、「ミラーセイル」という通称はまったく浸透していないとのこと。

とにかく、ありがとう福岡タワー、ありがとうエレベーターガールのお姉さん。

そして…、

IMG_0091.jpg

次は、私の第二の地元、二日市へ。

JR二日市駅に降り立ったなら、過去に九州ラーメン総選挙 第1位を受賞したラーメン店「暖暮」へ向かうのが王道ルーティーン。

IMG_0093.jpg

午前中に福岡入りしてから、三杯目のラーメンを食すおかちゃん。この漢、できる。

IMG_0094.jpg

うわー!めっちゃ懐かしい味。

味音痴の僕でもそう思える程に変わることのない一杯は、なんと池袋でも食べれるようです。

興味のある方は是非一緒に食べに行きましょう。


至福の一杯を頂き、NEXT SPOTへ移動。

向かうは、福岡トリップの要ともいえる、太宰府市天満宮です。

IMG_0105.jpg

二日市駅から歩くこと30分。ようやく、天満宮門前町に到着。

時間が遅かったということもあり、いつもはハイパー賑やかな門前町がゴースト・シャッター・タウン化しています。

と、そんな最中、一軒だけ元気に営業しているお店があるじゃないですか。

IMG_0108.jpg

ん?ここは…

IMG_0112.jpg

ドトールですね!!(違う)


そう、スタバフリークの皆さんならもうお分かりですね。

建築家 隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計された、太宰府天満宮表参道店です。

前々から是非訪れてみたいと思っていたので、めっちゃテンションが上がります。

IMG_0113.jpg

店内の内装はこんな感じ。

暗めで雰囲気のある照明と木の薫りが、なんともいえない心地良さを醸し出しています。

IMG_0116.jpg

いつもなら、「スタバのなんちゃらフラペチーノ?500円!?そんなん飲むくらいならエメマン5つ買うわ!」

なんてやりとりをしている2人ですが、今日はスタバのヘビーユーザーを装い「フレッシュ バナナ & チョコレート クリーム フラペチーノ」をクールにオーダー。

チュー。

…めちゃくちゃ美味いやんけ。

IMG_0124.jpg

その後も店内で「自然素材による伝統と現代の融合」について15秒程語り合い、一路福岡市内へ。


そう、今回の福岡トリップの目的である、古くからの友人「ヒグ」に会いに行く為です。


IMG_0128.jpg

道中、「レソラ 天神」内の「ルイ・ヴィトン福岡店」でアホな写真を撮っていると、ヒグからの着信が。


ヒグ 「ジローさん、今仕事終わりました!どこにいますか?」

じょに 「おお!お疲れ様!今はね、今は…、ヴィトンかな。」

ヒグ 「何してるんですかwww じゃあ、今泉に車停めるんで合流しましょう。」

じょに 「お、おk!」


数分後、無事にヒグと合流し、太宰府市最強の露天風呂「都久志の湯」へ。

IMG_0131.jpg

学生時代から良く行っていた、思い出の露天風呂です。最高!福岡きて良かった!

こちらは家族風呂ですが、もちろん、大きな大浴場もあります。

ここは家族風呂が非常に充実しており、いつもカップルで賑わっているので、隣から変な声が聞こえてこないかビクビクしながら疲れを癒やします。

IMG_0141.jpg

温泉を堪能した後は、福岡トリップ中に宿泊をさせて頂く、ヒグのご実家へ。

うわー!懐かしい!またヒグの部屋に来れるなんて、マジで嬉しすぎる。

IMG_0134_2014052023291094c.jpg

しかも、深夜にお邪魔したにも関わらず、ヒグママお手製の料理を振る舞って頂く始末。

本当にいつもすみません、ありがとうございます!

IMG_0138.jpg

なにより、この部屋におかちゃんがいることが半端じゃなくヤバいwww

いや、ほんまに人と人の繋がりってわからないものですね。


缶ビール片手に語り合い、明日を最大限に楽しむ為、早めに床に就きます。

福岡トリップ、始まったばかりです。


| 旅行 | 01:11 │Comments1 | Trackbacks1編集

国立国会図書館に行ってきたよ

会社の先輩「山下くん、国立国会図書館って知ってるかい?」

僕「わかりました。行きましょう。」

会社の先輩「え、いや、知ってるかって…」

僕「大丈夫です。行きましょう。」


先日、会社の先輩から熱烈なお誘いを受け、永田町にある国立国会図書館へ行くことに。

国会図書館とは、日本国内で出版されたすべての出版物が保存されている、日本唯一の法定納本図書館。

生粋の読書家(8割5分漫画)である僕としては、公益財団法人目黒寄生虫館の次に抑えておきたかったスポットなのです。


IMG_9844.jpg


当日、先輩と図書館前に13時に待ち合わせし、中央入口より潜入開始。


IMG_9848.jpg


謎のアーティスティックなオブジェに圧倒されつつも、この図書館のヘビーユーザーと言わんばかりのハイ・インテリジェンスなオーラを纏い、悠然と入館。

その刹那、駅の改札のようなゲートが行く手を阻む。


係員「お客様ー、お客様ー。」

僕「な、なんだね、騒々しい。」

係員「登録利用者カードはお持ちですか?カードがないとゲートは通過できません」


newcard.jpg


※登録利用者カード


tour04.jpg


※入り口のゲートの様子


そう、ここは前述の通り「日本国内で出版されたすべての出版物が保存されている、日本唯一の法定納本図書館」。

利用者カードの発行は勿論、非常にセキュアな図書館なのです。

貸出しについても、図書館間貸出制度に加入申請して、承認を受けた機関に限られるそうです。なので、持ち帰りたい本は、有料(A4一枚24円)でコピーしたものを持ち帰るといった形になります。

また、館内の本は、設置された端末より読みたい本をオーダーし、受付で受け取って初めて閲覧できるようになります(待ち時間約15分)


うむむむ、抱いていたイメージとのギャップがハンパない…。

もっとこう、びっくりするくらい沢山の本に囲まれていて、どれ読もうかなー。みたいな…。


気を取り直し、新館の受付にて利用者カードの発行手続きへ。カードの発行には身分証が必要なので、注意が必要です。

15分程でカードの発行が完了し、無事入館。


まずは昼食をとるべく、国会図書館の食堂(本館6F)へ。

事前リサーチによると、この図書館の食堂には、牛丼に半熟卵を落とした「国会丼」と呼ばれる、B級スメル全開のメニューがあるとのこと。

これはいくでしょ!国会丼!

IMG_9850.jpg


食堂に到着。フロアはかなり広い。雰囲気で例えるなら、自動車教習所の食堂といったところか。

メニューの種類も何気に多い。中には、グルメなインテリ達を黙らせる特殊属性のメニューもあったので紹介しよう。


IMG_9851.jpg


丸ごと野菜カレー 670円

シンプル!しかも大胆!もはや丸ごとトマトカレーでいいよね!


IMG_9857.jpg


富士山盛りそば 570円

リーズナブル!


IMG_9856.jpg


図書館カレー 570円

ネーミングが安易!「牛どん カレー」のポップがシュール!


IMG_9853.jpg


メガ盛りカレー 720円

これは無条件にテンション上がる!


…あれ、国会丼は?国会丼ないよ?

調べたところ、国会丼は2013年4月に食堂の業者が交代したタイミングで姿を消したとのこと。

なんてこった。

じゃあもうメガ盛りカレーしかないっしょ!カツ付きで!


IMG_9861.jpg


どーん!

写真ではメガ盛りに見えますが、実際食べると全然余裕でした。珍来の大盛りチャーハンの方が極悪ですね。

カレーとカツのクオリティは下の中といったところで、非常に僕好みの味。


IMG_9858.jpg


先輩の頼んだ丸ごと野菜カレー。

ルーが少ない上に、トマトが普通に固いという玄人好みの上級メニューに先輩も唖然。


case_detail_img_11_main.jpg


腹ごしらえを終え、ようやく読書タイムへ突入。

ひと通り館内の見学を終え、備え付けの端末より読みたい本を検索し、オーダーを行います。

操作には慣れが必要で、システム自体も中々めんどくさいです。


図書館では、もっぱら数学の本しか読まない僕は、林晋・八杉満利子[訳・解説] の、「ゲーデル 不完全性定理」と、「天才数学者たちが挑んだ最大の難問―フェルマーの最終定理が解けるまで」 をチョイス。

しかし、人気の本なのか、既に閲覧中になっていて読むことが叶わず。


しょうがいないので、不本意ながら1992年発行の「Newton 近未来予測2010」を読むことに。

5305507941_7a0ba060e7.jpg

※写真はWebより拝借。国会図書館内での撮影は禁止となっています。


「高さ4,000m、800階建ての超々高層未来都市」

「110mの大深度地下都市」

「大都市地下空港を結ぶトンネルのなかを飛行機が飛ぶ」

「月面に青少年研修センターを建設」


と、ドレッドノート級の未来予測が所狭しと綴られており、非常に楽しめました。

すみません、こういう夢のある本が一番好き。


スケジュールの関係でゆっくりはできませんでしたが、またメガ盛りカレーを食べたくなったら行こうと思います。


IMG_9869.jpg


| 週末にょろぽこ(*´∀`*) | 01:35 │Comments2 | Trackbacks0編集

No Pain No Diet 2013

皆様、ご無沙汰しております。

突然ですが、今年の5月、GW開けに体重を図ると、なななんと74キロになっていました。

身長が167cmなので、完全に有機チビタンクと化していた訳ですね。

これはいかん。せめて有機チビウニモグくらいならないと!

img.jpg

↑ウニモグ

ということで、食事制限と運動を始めました。

IMG_6719.jpg

IMG_680_5

結果、6キロの減量、筋力アップに成功したのですが、最近、また肥満体に戻りつつあります。

これから冬になり、ボディラインの露出度も著しく低下するとはいえ、これはいかん。

何より運動能力、持久力も落ち、体にも良くない。


と思っていた矢先、飲みの席で奇遇にも同じ志を持った有志が集い、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」をテーマに、理想の体型を維持しようではないかということになりました。

減量プロジェクト「No Pain No Diet」始動の瞬間です。


参加メンバーは以下の通り。

■マーシー
IMG_1550.jpg

■さとる氏
DSC_7885_201310212201489c1.jpg

■ジュンコメン
RIMG0049_20131021220154c53.jpg

■MA$ちゃん
DSC_8252.jpg

■じょに
RIMG1270のssコピー

【ルール】
・期限:2013年9月23日~2013年12月22日
・概要:「健全なる精神は健全なる身体に宿る」を前提とした減量プロジェクト。
・目的:体型改善に伴うコンプレックスの解消はもとより、険しい人生を歩む上でのモチベーションの維持、運動能力及び持久力の向上を図る。
また、塩分の制限、糖分の制限、油分の制限による、多岐に渡る疾病の防止は勿論、肥満改善による関節症予防も目的の一つである。
・罰ゲーム:開始時の体重よりマイナス5Kgを達成できなかった場合、メンバー自作の反省文を読まされた後、ブタの着ぐるみを来て1日を過ごさなければならない。

【ステータス・目標値】
■マーシー
身長:177cm
開始体重:77.6Kg
目標体重:69Kg
※罰ゲーム回避体重:72.6Kg以下
※標準体重:68.9Kg

■さとる氏
身長:180cm
開始体重:75.4Kg
目標体重:68Kg
※罰ゲーム回避体重:70.4Kg以下
※標準体重:71.2Kg

■MA$ちゃん
身長:172cm
開始体重:80.4Kg
目標体重:70Kg
※罰ゲーム回避体重:75.4Kg以下
※標準体重:65Kg

■じゅんこぴ
身長:160cm
開始体重:54.5Kg
目標体重:50Kg
※罰ゲーム回避体重:51.5Kg以下(開始体重より-3Kg)
※標準体重:56.3Kg

■ジョニー
身長:167cm
開始体重:72.5Kg
目標体重:65Kg
※罰ゲーム回避体重:67.5Kg以下
※標準体重:61.3Kg

IMG_7860.jpg


さて、明日から本気出す。


| イベント | 22:36 │Comments0 | Trackbacks0編集

入籍しました。一年前に。(倒置法)

拝啓 盛夏の候、皆様にはご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます。

突然ですが、

RIMG0311_20130707202015.jpg

RIMG0310_20130707202013.jpg

RIMG0312.jpg

一年前の今日、ジャスティン・ビーバーのペアルックをベースとしたアホ・スタイルで、入籍をしました。

早いものでもう一年です。

こんなしょうもない二人ですが、今後とも宜しくお願い致します。



おまけ


相方と付き合い始めた頃の懐かし写真があったので、今と見比べてみました。


■ジジ

PA0_0140_20130707201956.jpg




RIMG0562_20130707203522.jpg





■ユキ

PA0_0065_20130707201955.jpg




RIMG1989_20130707203433.jpg




やはり月日が経つと、色々変わりますね。

| その他 | 20:51 │Comments2 | Trackbacks0編集

« back | main | next »

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
ジョニーです。
宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。